しがない庶民のモノローグ

当ブログの管理人の【お餅】と申します。このブログはなにがテーマなの?テーマなどありません。思ったこと、今日の出来事などを日記感覚で書いていきたいとおもいます。こんな感じでいつまで継続できるかわかりませんがマイペースにはじめていきたいとおもいます。

【雑記】カラスってすごない??



「カラスってすごいなぁ〜」と感心してるというよりは、迷惑しているお話。

カラスからの被害

仕事で家を建てる時かならず現場に必要になってくるダストボックス(現場から出た廃材を捨てる大きなゴミ箱)これはどこの現場に行こうが外に必ず設置されている。

そこの会社によって混在(分別なしに何を捨ててもよい)だったり分別必須だったり様々。

自分が今現在やっているメーカーは混在を使用している。何を捨てても構わない。よって全業者が一つのゴミ箱を共有している。

何を捨ててもいいと言ったが食べ物の殻や弁当の殻(もちろんタバコの吸殻とかも)は絶対捨ててはいけない。これを徹底している。なぜかというと匂いにつられたカラスがこれを漁りにくるのだ。

周り中カチャカチャに荒らして行く。これ防止の為に食べ物の匂いがするものは絶対入れてはいけない。

昔は関係なしにいれてたりしてたがさすがにダストボックスの周りが食べ物のゴミだらけになっていると、客の見た目も悪いし。周囲から見た印象もわるすぎる。

しかし、どれだけこれを徹底していようがカラスはやってくる。食べ物がこの中にある可能性があると頭で覚えているのだろう。さすがに賢いな〜

疑問に思うことがある

カラスがわざわざダストボックスに食べ物を漁りにくる理由は おそらくだけど、本来の主食の虫などを狩るより効率がいいのだろう。効率がいい上に味も良いのだろう。 そりゃ人間様が口にするものなんだからカラスが食べれば最高に美味いとおもう。 完全に舌が超えてしまってる

この理由でダストボックスを漁るという事まではわかるのだが、、、

なんでこれを存在するほとんどのカラスがやっているのか??

確かにどこの現場に行こうが毎回カラスがきている。いつも同じカラスの訳ではない。

朝出勤中 に ゴミ置場に群がっているカラスもよく見かける。おそらく同じ理由でそのような事をしているのだろう。

もうゴミを漁りそこから食い物を得るという行為がカラス業界では当たり前になっているように思える。

どうやってこの効率のいい方法を身につけた??どのカラスにこの方法を聞いた?

聞けるわけがない。そもそも人間みたいに会話でコミュニケーションを取れないから。

人間なら会話でこれを伝える事ができる。 「その方法よりこっちの方が効率いいよ」とか

でもカラスは当然会話できない。どうやってこの方法を世の中の全カラスに伝達したのかが謎すぎてたまらない。

一匹の頭のいいカラスが編み出した食料を得るもっとも効率のいい方法を 他のカラスが見て覚えて、さらに他のカラスがこれを見て、の繰り返しなのか?

そうは思えない。

きっとなんらかの方法でコミュニケーションとってるんだとおもう。

会話をせずにコミュニケーションをとるなんて人間よりすごいやん

人間の進化ももちろんすごいと思うが野生動物の進化もかなりすごいと思った。そして不可解だと思った。

こう思うのは自分だけ?

うちの爺ちゃんもカラスの被害にあった、

うちの爺ちゃん、婆ちゃんは精肉店を営んでいる。昔は店で販売もしていたが歳も歳なので現在は注文販売のみやっている。その傍趣味でをやっている。

うちの爺ちゃん婆ちゃんは”食”へのこだわりが強く、肉、野菜などはスーパーでは買わない。自分が仕入れた肉、自分たちで育てた無農薬野菜しか食わないのだ。

このもカラスの被害にあっていた。

無農薬だからカラスにとっても美味い野菜なんだろう。本当に贅沢な野生動物だ。

カラスの被害で何度も野菜をダメにしていたらしい。ここで爺ちゃんはある対策をとる。

それはというと、肉をさばいた時にでる破片(いらない部分)をカラスに与えるというカラスの美味いものからより美味いものといく習性を逆手に取った策だ。

畑を荒らしているカラスの群れに肉をまくと案の定野菜なんかそっちのけで肉に飛びついたらしい。 効果覿面。

そこから完璧にカラス達を手なづけたらしい (そもそも人に懐く動物なのか?)

それからというもの爺ちゃん婆ちゃんが畑に行くとカラス達は畑を一切荒らさず、「ご主人様はやく肉をください」といわんばかりに大人しく待っているらしい。

完全に賢いカラスよりも爺ちゃんの方が一枚上手だった。

結局はカラスは賢いと言っても人間様の賢さには勝てないんだなと思った。

そんなお話でした、、、、おしまい。

広告を非表示にする